Beauty of Teeth

矯正をすればもっと自分に自信が持てる|見えないから安心

美しい歯を目指そう

定期的にチェックしよう

治療室

銀座駅周辺の歯医者さんでは最新の技術を用い、より良い治療を提供しているところが多く、買物の合間や会社帰りに利用する人が多くいるでしょう。銀座駅周辺の歯医者さんでは、虫歯予防の為のフッ素化合物塗布を行っているところが多数あります。フッ素化合物塗布をする事で、歯の質を強化する事が出来、歯の再石灰化を促す事が出来るでしょう。また、フッ素化合物塗布は虫歯を予防する上で大切であり、小さなお子様にも塗布する事で虫歯になりにくい口内環境を作る事が出来ます。そんなフッ素化合物塗布をどの程度行えば良いのかと言うと、3ヵ月に一度程度、歯科検診を受ける際に一緒に行う事が理想です。出来ない場合は最低でも半年に一度、フッ素化合物塗布を受けましょう。虫歯を予防する為には定期的な歯科検診が大切になります。常に自分の口内環境を把握し、虫歯があればすぐに治療する事が大切です。その為にも歯科検診を3ヶ月に一度程度受け、一緒にフッ素化合物塗布を行うとより虫歯になりにくい歯を作る事が出来ます。また、フッ素化合物塗布の方法は同じ銀座駅近辺の歯医者でもそれぞれ異なるのでしっかり確認しましょう。歯はとても大切であり、出来るだけ多く残して行く必要があります。その為にも定期的に銀座駅で歯科検診を受け、歯を大切にしましょう。日ごろからしっかりと行えば、より頑丈で美しい歯を保つことができます。歯医者さんにお願いすれば、正しい歯磨き方法などの指導を受けることもできるので、自分の磨き方に不安がある人は相談してみましょう。

歯のクリーニングで健康に

医療器具

むし歯や歯周病などの治療だけでなく歯と全身の健康のためにとクリーニングを目的に歯科に通う人が増えています。たとえばPMTCと呼ばれるクリーニングは、普段の歯磨きでは落としきれない歯石や歯周ポケットなどを対象に治療します。専門の歯科医の手と機械の力で綺麗にするプロフェッショナルによるクリーニングです。効果としてまず挙げられるのは、茶や黄色に変色してしまった歯が見違えるように美しくなることです。たばこやコーヒーなどが原因でついてしまったステインは、日常の歯磨きだけではなかなか落とせませんが、PMTCなら頑固な汚れでも大丈夫です。同時にお口の中の嫌な粘つき感からも解放されるといったおまけもついてきます。さらに歯のプラークやバイオフィルムを徹底的に除去することで、虫歯や歯周病にかかりにくくなるといった効果も見逃せません。加えて歯の細菌の量を抑えることで歯周病菌が全身に広がることを予防するので、脳梗塞や心筋梗塞などにつながりにくくなるといったメリットもあります。また口臭が気になる人にも有効です。施術に使用されるフッ素の効果で歯を強くすることもできます。人により頻度は変わりますが3ヶ月〜6ヶ月ごとに定期的に通うのが効果的です。会社勤めの人や買い物ついでにも通えるように、アクセスの良いところにもたくさんの治療機関があり、銀座駅もその1つです。銀座駅の近くには長年この地で開院しながら、顧客の信頼を得ている歯科や日曜祝日も営業している高級感のあるインテリアの歯科、女性医師が治療にあたる歯科などいろいろなタイプの医院があります。オフィス帰りにも立ち寄れるよう、夜遅くまで開院しているところがあるのも銀座駅近くの医院の特長です。銀座駅の徒歩5分圏内だけでも予防歯科に力を入れている医院が多いので、自分に合ったところを探してください。

試す価値のある民間療法

インビザライン

歯が痛いとき銀座駅の歯科に飛び込む前にどうしても我慢できなかったら、まずうがい薬を手に取ってみてください。うがいをするのではありません。これでマウスウォッシュすることで腫れが弱まることもあります。ただ、液体が届かないところが炎症を起こしている場合はこの方法は使えません。一番簡単、かつ安く済む方法は痛い部分をとにかく冷却することです。氷がないときはタオルを濡らしてあてがうだけでも違います。冷やすことで神経の反応を抑えられます。何も手もとにない場合は濡らした布を当てて銀座駅の歯科に駆け込みましょう。身体のツボも押してみましょう。歯の痛みを抑えてくれるツボは歯痛点といいます。手の裏側の中指と薬指の間の付け根部分になります。押すときはぐっと痛みを感じるぐらい押します。左手と右手、両方とも行い一度ではなく何度か押しましょう。他にも合谷というツボが使えます。これは手の表側の親指と人差し指の骨が合わさる部分のくぼみです。ここは万能ツボでもあり、胃痛もやわらげてくれます。腫れを引かせる民間療法としては、大根のすりおろしを使います。痛い部分にすりおろした大根を塗っておきます。詰め物が取れた時もこのすりおろし大根をかわりに詰めておきます。他にも生玉ねぎを抗菌作用を利用したり、アロエの抗炎症作用を利用することで歯科に行くまでの歯の痛みを抑えられます。痛みを一時的に抑える方法はこのようにたくさんありますが、それでは根本的解決にならないので銀座駅の歯科で治療をしましょう。痛みをいつまでも我慢していても解決にはなりません。銀座駅の歯医者だと短時間の治療で済むこともあるのですぐに治療に向かってください。歯科治療の場合は医療保険が適用されるので、治療費はさほど心配する必要はないでしょう。放置しておくと深刻な病気を引き起こすことになるので、歯に問題を発見したらすぐに治療を受けることが大切です。